본문 바로가기
메인메뉴 바로가기

忠南紹介

ニュース

忠清南道から始まった「少子化克服チャレンジ」、全国へ拡大

ヤン・スンジョ知事がスタートを切ったチャレンジ…約100の地方自治体が参加

2021.04.19(월) 16:51:55 | 충청남도 (이메일주소:chungnamdo@korea.kr; chungnamdo@korea.kr)

忠清南道から始まった『みんなで取り組もう!少子化克服へ!汎国民包(4)括 リレーチャレンジ』が全国に広がりを見せ、大きな反響を呼んでいる。

忠青南道知事(2月22日SNSに投稿)

▲ 忠青南道知事(2月22日SNSに投稿)


大田広域市長(2月24日SNSに投稿)

▲ 大田広域市長(2月24日SNSに投稿)


光州広域市北区庁長(4月1日SNSに投稿)

▲ 光州広域市北区庁長(4月1日SNSに投稿)


鬱陵教育支援庁教育長(4月8日SNSに投稿)

▲ 鬱陵教育支援庁教育長(4月8日SNSに投稿)


大田民間保育園連合会場

▲ 大田民間保育園連合会場


居昌郡守(3月26日SNSに投稿)

▲ 居昌郡守(3月26日SNSに投稿)


莞島郡守(4月6日SNSに投稿)

▲ 莞島郡守(4月6日SNSに投稿)


咸平郡守(4月9日SNSに投稿)

▲ 咸平郡守(4月9日SNSに投稿)


ヤン・スンジョ忠清南道知事は今年2月、少子化がもたらす国の危機を連帯と協力を通じて乗り越えるために、一番手でチャレンジのスタートを切った。

このチャレンジは、「ともに育て、ともに見守り、ともに幸せな大韓民国」づくりへの積極的な賛同を促す取り組みであり、国民の参加を呼び掛けている。

現在、全国約100の地方自治体をはじめ、議会議員、芸能人、若者、民間団体など各界各層からこのチャレンジへの参加が続いている。

ヤン知事は、「このリレーチャレンジを行う理由は、少子化の克服に向けて各界各層からの賛同を得るため」とし、「国民全体で、ともに働き、ともに育て、ともに見守り、ともに幸せになろうという気持ちで、この国の危機を乗り越えていきたい」と呼び掛けた。

このチャレンジへの参加方法は、少子化克服のキャッチフレーズが含まれた写真や動画を個人のSNS(フェイスブック、インスタグラム、ツイッター、YouTubeなど)に投稿し、1週間以内に 次のチャレンジ参加者2名を指定すれば良い。

상단으로 이동