본문 바로가기
메인메뉴 바로가기

忠南紹介

ニュース

未来の食べ物の宝庫で浮かぶ「淺水灣ベルト」

無人機の研究開発滑走路の青信号・UAM-AAVセンター構築の本格化

2024.03.12(화) 09:11:48 | 忠淸南道 (이메일주소:chungnamdo@korea.kr; chungnamdo@korea.kr)

淺水灣航空
▲ 淺水灣航空

忠南の西山・泰安、淺水灣A・B地区の干拓地が未来グルメの宝庫として急浮上している。
 
食料自給のためのお米の栽培団地から離れて未来航空モビリティ(AAM)など、大韓民国の未来産業の中心地になる計画を予定している。
 
11日、度によると、民選8期の力強忠南は西山・泰安A・B地区の一員としての立場から△無人機の研究開発滑走路構築△グリーン都心航空交通(UAM)-未来航空機体(AAV)のコア部品テスト評価の基盤構築△グローバル・ホルティ・コンプレックスの造成などを推進中であり、韓国生命工学研究院(生命研)の西山分院の誘致にも力を入れている。
 
無人機の研究開発の滑走路青信号
 
まず、無人航空機の研究開発滑走路は、ユン・ソクヨル大統領の積極的な支援意志を見せたゆえで、設立の可能性を高まった。
この施設は、国防科学研究所が泰安B地区の一帯に滑走路、統制センター、研究棟などを建設する計画である。
 
尹大統領は先月26日、西山の空軍20戦闘飛行団で開かれた「国民と共にする民生討論会」を通じて泰安に推進中の無人機研究開発滑走路は事前妥当性調査が進められているとし、「(サタが)解決される次第、迅速に推進する」 」という意思を明かにした。
 
キム・テフム知事は先月27日に記者会見を開き、「サタ対象として承認された泰安無人機研究開発滑走路が造成されると、大韓航空や現代車など防散企業が集積され、地域経済の活性化が期待される」と説明した。
 
「UAM-AAVセンター」国費30億反映
     
グリーンUAM-AAVコア部品のテスト評価基盤は、B地区西山バイオ・ウェルネス研究特区内の研究施設敷地に2028年まで5年間、320億ウォンを投入して構築する。
 
水素電気推進システムと自律飛行制御機、離着陸・非常着陸支援システムなど、水素電気UAM-AAVコア部品性能と量産性評価基盤を設けるという内容である。
 
細部事業は部品テスト評価センター及び機器構築、企業支援、人材養成などだ。
 
この事業は今年の装備費などで政府予算30億ウォンが反映され、上半期内の産業通商資源部公募に挑戦状を出す予定である。
 
西山B地区でのAAM産業育成のため、現代自動車グループが協力することも決まった。

現代(ヒュンダイ)自動車と未来航空モビリティ育成協定

 
キム・テフム知事は先日5日、道庁状況室では現代自動車グループのシン・ジェワォン社長の代理で参加したキム・ドンウク副社長などと「グリーン・エネルギー基盤の先端航空モビリティなど、新産業育成のための業務協約」を締結した。
 
協約によると、現代自動車グループは、西山市と泰安郡一帯を都心型未来航空など、新事業施設の敷地として活用する方案を優先的に検討し、西山市・泰安郡一帯航空施設を活用する都心型未来航空の開発を協力することにした。
 
道は水素ベースのAAM産業育成、忠南水素エネルギー転換規制自由特区及び地域革新クラスタなどと連携したB地区一帯のグリーン水素産業育成のために協力する。
 
この日の協約式でキム知事は「西山干拓地はチョン・ジュヨン会長のフロンティア精神が息ついているところであり、食糧の自給自足に向けた夢と挑戦の現場」と語り、「チョン会長の開拓精神は水素基盤の未来航空モビリティなど先端産業育成を を通じてもう一度、西山で実施されるだろう」と語った。
 
民館協業・行政推進体制の整備
 
AB地区でのUAM・AAMなどの事業推進のため、民管協業及び行政推進体系も設けた。
 
都は「忠清南道UAM産業育成方案研究」の役役を通じて基本計画を樹立し、水素燃料ベースのテスト研究環境構築のために現代自動車、現代建設、現代グロビスなどと協約も締結した。
 
昨年10月には韓国空港公社、ハンファシステム、SKテレコム、ティーマップモビリティなどと「忠清圏超広域UAM事業推進及び商用化のための業務協約」を結んだ。
 
同月には現代自動車、起亜自動車、ハンファシステム、ハンファエアロスペース、大韓航空、韓国自動車研究院、韓国航空宇宙振興協会、都内大学など、民館産学研の専門家33人で忠南AAM産業育成実務協議体も構成した。
 
これと共に関連課と民間企業、中央省庁などでティエフ(TF)を設け、推進状況を共有し、協力案を議論中である。
 
昨年6月は西山・泰安一帯の4つの区域がドローン特別自由化区域に指定された。
 
関係者は「忠南は製造基盤産業が発達し、未来の航空産業発電の潜在力が豊富で、水素燃料電池・発電産業を未来新産業に選定し、環境にやさしい燃料基盤も優れている」と語り、「淺水灣」干拓地を中心に忠南の有無人航空産業クラスターを造成、新たな産業生態系を作り、大韓民国の新成長動力に貢献できるようにする」と語った。
 
大規模スマート・ファームの構築を推進
 
生命産業である農業をお金になる未来産業に再構造化し、青年農流入促進のためのグローバル・ホルティ・コンプレックスは2027年5月までに51万5000㎡規模の敷地に3300億ウォンを投入して造成する。
 
開発の核心方向は「グリーン&デジタル(GREEN&DIGITAL)」であり、目標は「スマートファームの農産業融合団地造成」とする。
 
グローバル・ホルティ・コンプレックス内の23万6000㎡と15万2000㎡規模のスマートファーム団地には、最先端の農業施設とシステムを構築、データを基に作物を生産ができるようになる。
 
ここには、また農村融合体験団地とオランダ教育プログラムが行われる創業農教育施設、ファーム・マーケットなど、体験展示館、モジュラー宿泊施設などが運営を始める。
 
都はグローバル・ホルティ・コンプレックス造成のため、昨年11月に投資企業などと業務協約を結んでおり、今年は地域活性化ファンド公募申請と特殊目的法人(SPC)を設立、国内外企業業務協約および海外協力事業公募などを推進する計画である。
 
韓国バイオ・テクノロジー研究院の西山分院の誘致に拍車
 
韓国バイオ・テクノロジー研究院の西山分院誘致のために、年内は妥当性再調査に挑戦する方針である。
 
西山分院はB地区西山バイオ・ウェルネス研究特区内3万㎡の敷地に2026年までに396億ウォンを投入し、延べ面積9280㎡規模で建立する計画だ。
 
ここでは、△グリーン・ワクチン基盤技術開発△次世代技術基盤形質転換動物開発△微細藻類活用高付加価値バイオ素材開発△動物生産性増大源泉技術開発△環境に優しい作物の生産性増大ができる源泉技術開発△環境汚染改善グリーン・バイオ技術開発△グリーン・バイオ技術事業化強化 △グリーン・バイオ地域企業支援活性化などを核心課題として推進するようになる。
 
その他、西山A地区付近に位置する20戦闘飛行団周辺地域の軍事保護区域の解除によって、警備飛行機MRO産業育成、空港型自由貿易地帯造成、無人航空機の量産企業誘致など、道家西山空港と連携して構想した航空産業の育成に力を受ける見通しだ。
 
西山空港連携の航空産業の育成速度
 
AB地区交通インフラ構築にも速度がつく。
 
西山空港は事業費調整と航空需要発掘を通じて当初の計画通り2028年に開業する。
 
ユン・ソクヨル大統領は民生討論会を通じて「西山民間空港の建設は今年政府予算に設計費を反映し、第一歩を踏み出した」と語り、「第20戦闘飛行団は韓国で最も規模の大きい空軍基地で、大韓民国の空を守ってきた滑走路が これで忠南経済が緊急の滑走路として、その役割が拡大されるのだ」と空港建設に力を加えた。
 
昨年6月には泰安の企業都市と西山バイオ・ウェルネス研究特区を結ぶ富南湖横断道路開設工事が終わり、両地域間の接近性が大きく高まった。
 
この道路は泰安邑の松岩里から西山市釜石面のカルマリまで610mを結ぶ4車路であり、2020年2月から366億ウォン余りを投入して建設した。
 
キム・テフム知事は11日、実国院長会議を通じて「未来モビリティ産業の画期的な変化が忠南で行われており、淺水灣AB地区が天地開壁を迎えている」と積極的な対応意志を明らかにした。
 
一方、AB地区は干拓農地造成による食糧増産及び食糧自給率の向上、農産物増産による輸入代替、水資源確保などのために現代建設が1980年5月に工事を着工し、1995年8月に完工した。
 
 
担当部署 未来産業とモビリティ産業チーム、産業育成とバイオ産業チーム、スマート農業とスマート農業チーム
電話番号 041-635-3958、3930、4042

상단으로 이동