본문 바로가기
메인메뉴 바로가기

忠南紹介

ニュース

キム・テフム知事、14市・郡に「故郷愛寄付」

2日のオフライン寄付受付開始に合わせて1か所に30万ウォンずつ計420万ウォンを寄付

2023.01.20(금) 15:08:50 | 충청남도 (이메일주소:chungnamdo@korea.kr; chungnamdo@korea.kr)





▲ 故郷愛寄付制


新年から韓国版ふるさと納税といえる「故郷愛寄付制」の施行が始まった中、キム・テフム忠清南道知事がオフラインでの寄付の受付開始に合わせて各市・郡に寄付を申し込んだ。

道によると、キム知事は2日の午前、内浦(ネポ)新都市に所在する農協中央会忠南世宗地域本部を訪問し、キム知事の住所地を除く14市・郡に私費で寄付を行った。

寄付金額は1市・郡当たり30万ウォンずつ、計420万ウォンだ。

キム知事は、「故郷愛寄付制は、個人の寄付を集めて住民の福祉や地域の発展に活用する制度」と説明し、「故郷愛寄付制と忠清南道を広報すれば、忠清南道の発展を後押しする大きな力になるはず」とし、積極的な参加と関心を呼び掛けた。

故郷愛寄付制は、人口減少や若者の流出などにより、消滅の危機に瀕している地域の財政を拡充し、経済を活性化するために導入された制度である。

個人が自分の故郷や応援したい自治体に年間500万ウォンの限度内でオンライン・オフラインで寄付すれば、税額控除と返礼品(寄付額の30%、最高150万ウォン)が提供される。

寄付金は、社会的弱者や青少年への支援、文化・芸術・保健など住民福祉増進事業に活用される。

オンライン故郷愛寄付は、「故郷愛eウム(https://ilovegohyang.go.kr/)」のホームページに接続して会員登録した後、寄付したい自治体の選択、寄付者の住所地の照会、決済などの流れで行える。

返礼品は、寄付により取得した寄付ポイントを確認し、寄付先の自治体の返礼品ページから選択すれば配送される。

オフラインで申し込む場合は、身分証を持参して近くのNH農協の支店の窓口に問い合わせれば、寄託書や同意書の作成、寄付金の納付などができる。

一方、道は昨年、故郷愛寄付制を成功裏に進めるために、返礼品の開発およびマーケティング戦略に関する研究を委託した。

返礼品としては、△名品水参セット △15市・郡産米の盛り合わせ △伝統酒の盛り合わせ △塩辛類の盛り合わせ △果実酒 △カジメ △六片ニンニク △韓牛セット △農産品8種 △紅参濃縮液 △マッド製品 △ケジャンの11種を選定した。

また、昨年12月には△女優カン・ブジャ(論山市) △芸人ナム・ヒソック(宝寧市) △俳優パク・シフ(扶餘郡) △歌手ペ・イルホ(論山市) △芸人アン・ソミ(宝寧市) △サッカー選手ヨム・キフン(論山市) △俳優チョン・ジュンホ(礼山郡) △歌手ハン・ヨルム(洪城郡)の8人を故郷愛寄付制広報大使に委嘱した。

担当部署セマウル共同体課
電話番号 041-635-2274
상단으로 이동