메인메뉴 바로가기

  • home
  • ビジネス
  • 投資ガイド
화면컨트롤메뉴
인쇄
화면확대
화면축소

投資ガイド

TabMenu SubList

投資制度
投資手続き
法人設立

投資制度

海外直接投資

海外直接投資(FDI: Foreign Direct Investment)とは、海外での単なる資産運用ではなく、経営参加や技術提携など国内企業との永続的な関係を築くことを目的にした対外投資のことです。企業経営に影響力を発揮することを目的としますが、そこが証券投資といった間接投資と大きく違います。海外直接投資の形態としては、富をもたらすための知的財産など無形資産の出資や不動産など有形資産の取得、実際に経営を支配することを目的とした外国人による株式・持分の取得などがあります。

外国人投資促進法

韓国政府は1997年の通貨・金融危機以来、外国人投資誘致を促進するための「外国人投資促進法」を制定(1998年)し、積極的な対外開放と自由化措置を施行してきました。最近は、研究開発と高付加価値サービス業関連の投資誘致を強化するため、製造業に限られていた「外国人投資地域指定制度」(外国人投資企業の立地確保支援)」を研究開発および高付加価値サービス業にも拡大する内容を盛り込んだ「外国人投資促進法」を改正しました。この改正・施行令は入居対象となる高付加価値サービス業の種類を決めるなど法律により委任された事項やその施行に必要な事項を定めるほか、現行制度の不備を補うことを目的とします(法律第10232号、2010年4月5日公布、同年10月6日より施行)。

外国人投資の促進及び規制

韓国では、海外投資に伴う通常のリスクのほか、投資対象国の政治・経済情勢の変化など海外投資における諸要因を外国人投資家の立場から考え、外国人投資家を保護するための様々な制度を設けています。また、外国人投資が制限および禁止される業種やその詳細については、「外国人投資及び技術導入に関する規定」で定めています。