메인메뉴 바로가기

  • home
  • ビジネス
  • ビジョンと戦略
화면컨트롤메뉴
인쇄
화면확대
화면축소

ビジョンと戦略

TabMenu SubList

忠南の未来
4大中心産業
 

4大中心産業

自動車産業

自動車産業
韓国の自動車生産は世界5位で、さらに忠清南道は国内シェアの12%を占めている。瑞山と牙山地域に現代自動車と起亜自動車をはじめ、ジョンソンコントロールズ、GM大宇、 旭硝子、デンソー、富国など外国企業と500社以上の部品メーカーが入所しており、中国や世界自動車市場をけん引する自動車及び部品生産地として脚光を浴びている。

ディスプレー産業

ディスプレー産業
忠清南道はフラットパネルと先端ディスプレーの新技術を保有している。

韓国のクリスタルバレーとして有名な天安と牙山の両都市には次世代型の高付加価値のディスプレー生産センターがあり、さらにサムスン電子、サムスンSDIなどの世界的な企業らが入所し世界市場の14%を生産するなど韓国輸出の50%を占めている。

鉄鉱産業

鉄鉱産業
牙山湾に位置する世界初の完全自動化の生産プロセスや流通システムを誇る現代製鉄は、自動車、電子、そして建設分野における最高品質の鉄鉱を生産しており、現代自動車グループの自動車生産クラスターとの連携を通じた唯一の連合製鉄所である。

冷延鋼板分野における世界2位の生産量を誇る東部製鋼は、世界に名立たる最も効率的な工場を有しており、既にフランスのAir Liquide社は忠南地域のクラスターに進出している。

石油化学産業

石油化学産業
忠清南道の大山地域は世界における最も大きな石油化学団地の一つであり、北東アジア経済での原動力となるプラスチックや石油化学製品を生産している。中東からの石油はこの地域での加工を経て流通されており、毎年1百万トンのエチレンや330万トンの石油がこのクラスターで生産される。

現在、フランス系精油メーカーのトータルやサウジアラビア系産油・運送メーカーのアラムコ(ARAMCO)、現代オイルバンク、ロッテ科学、そして日本の三菱レイヨンなど世界大手の企業らが入所し、新興石油化学団地へと急成長している。