메인메뉴 바로가기

  • home
  • 旅行
  • グルメ, 宿泊
화면컨트롤메뉴
인쇄
화면확대
화면축소

グルメ, 宿泊

TabMenu SubList

宿泊所
グルメ
 

宿泊所

宿泊所 SubList
テンプルステイ

テンプルステイは、仏教寺院文化が経験できるプログラムです。寺院での日常生活や僧侶の生活を体験できます。韓国の伝統文化や独創的な仏教文化の宝庫とも言える、こうした伝統的な仏教寺院はしっかり維持・保存されています。 現在忠清南道にある6箇所の寺院が、テンプルステイプログラムを運営しています。

プログラム
  • 入斎式 – 寺院での生活を始める儀式。体と心を合わせるための合掌といった基本的な寺院の礼儀や自分を低めて相手を高める方法を学び、寺院の一員となる儀式です。
  • 寺院紹介 – 寺院の周辺を回る時間で、伝統的な韓国の文化遺産や、自然と調和をなす深い美を追求し、伝統と文化、そして韓国の自然に対して感じて、学ぶことができます
  • バル供養 – 清い心で、少ない量でも食べ残しを無くす体験で、ほかの人と公平に食べ物を分け、食事中静粛を維持します。
  • 茶礼 – 自身を見つめるもう一つの方法。お茶を飲みながらお茶の味と水の温度、香り、茶器の材料と周辺の人を感じるようになります この全てによって、最高の味を作り出すお茶を入れることが出来ます。
  • 寺院紹介 – 寺院の周辺を回る時間で、伝統的な韓国の文化遺産や、自然と調和をなす深い美を追求し、伝統と文化、そして韓国の自然に対し感じて学ぶことができます。
  • 運力 – 寺院で過ごす全ての人が、一緒に寺院を掃除し守ることです。「運力」とは、「多くの人が一緒に協力して働く」という意味を持って います。これを通じて自然と共感でき、ほかの人と協力しながら自分の「禅」を顧みます。

その他にも多くの特別なプログラムがあります。

忠清南道の寺院
  • 甲寺(寺院) – この寺院は鷄龍山の代表的なお寺です。秋の風景が一番美しく、大雄殿(本堂)といった多くの文化遺産があります。テンプルステイ期間中様々なプログラムと安定したシステムが提供されます。
  • 麻谷寺(寺院) – 麻谷寺は山奥にあります。色鮮やかな楼閣や多くの文化遺産が残っています。 世祖(朝鮮の王)と金時習の物語や、金九と縁がある場所として有名です。現在、慈悲と瞑想プログラムが提供されています。
  • 浮石寺(寺院) -この寺院は、淸水湾と安眠島の華麗な景観を有する島飛山の端のほうにあります。一時、鏡虛師僧や滿空師僧がここに滞在したりもしました。「鳥と自然と人が一つ」というテーマで、多様なテンプルステイプログラムを設けています。
  • 永平寺(寺院)-ここには、ホタルやザリガニが住んでいて、四季を通じて野花で覆われています。毎年岩菊が花を咲かす10月になると、この寺院で音楽会が開かれます。この近くに住んでいる住民だけでなく、遠くから訪ねてくる訪問客もこの祭りを見に来ます。
  • 無上寺(寺院) -鷄龍山にある外国人のための唯一の寺院。全世界の外国人僧侶が3か月間ここで冬安居と夏安居に入ります。韓国の仏教信者もこの期間中の一週間、安居に参加できます。
  • 修德寺(寺院) -この寺院は、朝鮮時代に崩れた禅が作り直された歴史的な場所です。高麗時代に建てられた美しい大雄殿で有名であり、德崇山頂上にある定慧寺と、仏教信者のための最初の場所である敬善庵などは、韓国の仏教信者の積極的な慣習が見られます。