메인메뉴 바로가기

  • home
  • 生活
  • 職場
화면컨트롤메뉴
인쇄
화면확대
화면축소

職場

韓国の職場に適している人

韓国で働きたい場合は、雇用活動を許容するビザが必要です。雇用を許可する各種ビザは、活動範囲に対する特別な制限がある場合もあります。

- 雇用を許可するビザを持っていても、現地の入国管理局や地域入国管理局に報告され、指定の労働場所でのみ働かなければなりません。

労働場所を変更したり追加する方法

労働場所の変更や追加の場合、現地の入国管理局や地域入国管理局に許可申請をしなければなりません。

現行ビザの許可範囲を越える活動に従事しようとする場合も、現地の入国管理局や地域入国管理局に許可申請をしなければなりません。
※ この許可を得ず現行ビザの許可範囲を越える活動に従事すると、処罰の対象となります。

許可申請のためには滞在地管轄の入国管理局や地域入国管理局を直接訪問したり、代理で申請することができます。

  • 準備する書類は以下の通りです。
    • 旅行書類 例)パスポート
    • ․外国人登録証
    • 申請書(ダウンロード可能)
    • ビザ別に追加で必要なその他の書類
    • 手数料(60,000ウォン)
    • 申請書が受け付けられれば、移民局の担当職員がパスポートにスタンプを押し、外国人登録証に変更事項を記録します。
  • 申請書が受け付けられれば、移民局の担当職員がパスポートにスタンプを押し、外国人登録カードに変更事項を記録します。
労働場所を変更したり追加する方法
C-4
(臨時雇用)
短期商業活動の例:
- 商業的な芸能活動
- 商業広告活動
- ファッションショー
- 講義・演説
- 研究・調査
- 技術指導
E-2
(外国語教習)
外国語教習
- 資格条件
∙ 法務部長官が定めた特定資格要件を満たす人
- 教習場所に対する制限
∙ 外国語教習学校,
∙ 小学校以上の教育機関
∙ 放送局付設言語教習機関
E-3
(研究調査)
科学または企業の高等技術地域での研究・調査活動
- 資格条件
∙ 公共機関や私設機関に招待されてきた人及びそうした機関の研究機関で働こうとする人(E-1ビザ 保有者を除く)
E-4
(技術指導)
科学または企業の高等技術に対する専門知識を備えた技術指導
- 資格条件
∙ 公共機関や私設機関に招待されてきた人及びそうした機関の研究機関で働こうとする人
E-5
(職業)
韓国の関連法律によって許容される活動範囲内で法律・医薬といった専門職業に従事する場合
- 資格条件
∙ 自国や韓国で法律・医薬などの分野に資格を持っている人
E-6
(芸術・芸能)
商業的芸能活動の事例:
- 音楽公演
- 美術展示会
- スポーツ
- ファッションショー
- 商業広告
E-7
(特別に指定された活動)
法務部長官が指定した特別活動
- 資格条件
∙ 公共機関及び私設機関と契約を結んでいる人
E-8
(産業研修教育後の雇用)
産業研修教育後の雇用
- 資格条件
∙ 企業の教育訓練期間中に該当機関から離脱せず、産業用養育訓練のビザ資格を持って教育訓練機
関で訓練を受けていて、E-8ビザ資格のための技術証明試験の合格要件を満たす人
E-9
(非専門的雇用)
産業研修教育後の雇用
- 資格条件
∙ 海外労働者の労働許可法(Foreign Workers Work-Permit Act)に伴う雇用活動条件を満たす人
E-10
(乗船労働者)
5トン以上の船舶に乗船した非熟練労働者
- 資格条件
∙ 海洋運送法(Marine Transportation Act)上、乗客及び貨物輸送のための船舶に規定された船舶に
乗船し、船員労働者として働こうとする人
H-1
(観光就労ビザ)
付随の経費のための労働期間中の旅行
- 資格条件
注意) 観光就労ビザの趣旨に反したり、韓国法律に基づく特定資格要因が必要な活動は除く
∙ 海洋運送法(Marine Transportation Act)上の乗客及び貨物輸送のための船舶として規定された船
舶に乗船し、船員労働者として働こうとする人