메인메뉴 바로가기

  • home
  • 生活
  • 住居
화면컨트롤메뉴
인쇄
화면확대
화면축소

住居

TabMenu SubList

家屋の形
住宅の選択方法
住宅購入及び賃貸方法
賃貸契約書の作成方法
引っ越しの方法
有益な情報

引越しの方法

韓国の引越し

韓国の春は卒業をしたり上級学年に進学、雇用を求めて転職、引越しをする季節です。引越しのための荷物が多くない場合は、友達に頼むだけでも引越しができますが、普通は荷物の梱包・運搬のために引越しセンターを利用します。

引越し1ヶ月前
  • 必ず現在住んでいる家主に引っ越すという意思をはっきり伝えます。家主に引越しの計画を話さず引越すと、その月の家賃を支払わなければならない場合もあります。
  • 荷物を海外へ輸送する場合は、あらかじめ梱包します。航空チケットの準備も忘れないように。
  • 梱包や輸送業務の認可を受けている引越しセンターに予約します。
引越し10日前
  • 電話局に電話番号の移転・変更を申請します。
  • 高層アパートへ引っ越したり、高層アパートから引っ越す場合は、アパート団地の管理事務所にゴンドラや貨物エレベーターの予約を入れます。
  • 捨てる家具や家電、その他の大きいものは、近くの役所に連絡して処理しなければなりません。役所でこれらの物品を処理したり、引っ越す人が直接持っていかなければなりません。特別な用途のない物品は、広告誌や「生活情報誌」を通じて販売できます。
  • 新しい家に行って、家具をどこに配置するかをあらかじめ決めておきます。
引越し5日前
  • 荷造りをはじめます。ダンボールはスーパーでもらうこともでき、小額で購入も可能です。
  • ․銀行口座、クレジッドカード及びその他の事項のための住所変更を完了させます。
  • 新聞や牛乳配達を中止します。
引越し前日
  • 冷蔵庫に残っている食べ物を片付けます。
  • 引越し中忘れる可能性のある貴重品に注意します。
  • パイプで連結されているガスをロックし、その他これと類似した事項を必ず点検します。
引っ越し当日
  • 荷物を出してから家主にキーを返し、部屋のゴミなどをきれいに掃除します。
  • 残っている電気、ガス及び水道料金を家主に支払います。
  • 家主や隣人に挨拶します。予測できない事項の発生に備え、家主の電話番号は控えておきます。
引越しセンターの利用

まず引越しセンターを選んだら、見積もりを要請します。電話やネットで見積もりを申請できます。

見積もり

引越しの日から7日前までに引越し費用額に対する引越しセンターの見積書をもらいます。韓国人は、「ソンがない日」の引越しを好みます。ここでのソンとは、特定な日だけ人間の活動を邪魔し、害を与えながら東西南北を飛び回る幽霊のことを言います。毎月9日・10日・19日・20日・29日と30日にこのソンは空に舞い上がるので、これらの日が「ソンがない日」になります。引越しセンターでは、これらの日に予約が殺到するので、できるだけ早く予約をしておきます。