메인메뉴 바로가기

  • home
  • 生活
  • 住居
화면컨트롤메뉴
인쇄
화면확대
화면축소

住居

TabMenu SubList

家屋の形
住宅の選択方法
住宅購入及び賃貸方法
賃貸契約書の作成方法
引っ越しの方法
有益な情報

家屋の形

韓国は四季がはっきりしているという特徴があります。冬は寒くて、夏は蒸し暑いです。これが、韓国の伝統家屋が冬を過ごすための暖房システムとして「オンドル」を使っている理由です。オンドルは屋外で火を焚き、そこから出る熱が部屋の床に入るように空気の通路を作ったものです。この通路は平らなレンガで作り、粘土で覆います。この空気の通路が始まるペチカのようなところを「アグンイ」と呼びますが、これは主に厨房にあります。このレンガが熱を保存する方法によって、長い間床に熱気が維持されます。伝統的な家屋の形は「藁葺の家」と「瓦葺の家」の2つがありますが、藁葺の家は最近、龍仁にある韓国民族村でしか見られなくなりました。藁葺の家は稲わらで屋根を作り壁は土と木で出来ており、夏は涼しくて冬は暖かいです。屋根を作るときに使われる稲わらは「イオン」ともいいます。瓦葺の家は、屋根に稲わらの代わりにタイルを使います。これは、派手ではないですが、静かな感じを与えます。部屋に上がるときは靴を脱ぎます。伝統的な韓屋には椅子がありません。長い間床に座るため、これに慣れていない外国人はつらいと思うかもしれませんが、韓国人はこれを苦に思いません。寝るときはベッドの代わりにオンドル床に敷く布団の上で寝ます。韓国風マットレスの「ヨ(敷布団)」は、オンドルから伝わる熱を保存し、長い間暖かさを感じることができます。最近は田舎の家屋も、床を暖かくするために現代的な暖房システムを使っていますが、昔の家屋での方法を未だに使っているところも残っています。

伝統家屋

韓国の伝統家屋は木で作られています。これらは、冬の暖房のためのオンドルを備えており、各部屋と外部をつなぐマル(床)のところが大廳マル(大きい床)の形となっており、さらに涼しい夏が過ごせます。

高層アパート

韓国は、人口密度が世界人口密度平均の10倍に達し、特に都市部に集中しているのでこれらの都市地域にアパート(日本の「マンション」に当たる)が多く存在します。これはつまり、空間が不足していることを意味します。このアパートは周辺の住宅より5階以上高く、各世帯が独立的な生活を過ごせるようになっています。さらに多くの人口を吸収するために作られたアパートは、一般的な大きさとして13坪・18坪・25坪がありますが、45坪以上の大型アパートもあります。ほとんどの都市地域のアパートでは、暖房と調理のために外部からパイプで供給されるガスを使っています。

連立住宅

「連立住宅(日本での住宅団地)」というとアパートとも言えますが、韓国で使われている「アパート」という言葉は、普通高層アパートを意味し、連立住宅は3階未満の「小型アパート」を指します。これは、内部構成面では高層アパートに似ています。

一戸建て

韓国語では「単独住宅」というこの言葉は、「個人住宅」を意味し、個人住宅は普通1階及び2階建てが多く、小さい庭がついています。

オフィステル

「オフィステル」は、英単語「オフィス」と「ホテル」を合成して作られた独特な言葉です。これは、アパートのような建物ではありますが、階別の構成がオフィスと生活空間を複合的に使うために設計されています。

ワンルーム

「ワンルーム」は、睡眠、生活及び調理を同じ部屋で行うスタジオ形アパートのことを言い、小さいバスルームがついています。ワンルームは次第に人気が高まっています。

簡単な統計
  • 平均面積:165㎡ - 330㎡
  • 住宅の形:ビラ(5階建てぐらいのアパート)、オフィステル(オフィス+ホテル)
  • 韓国の面積単位:1坪 = 3.3㎡