메인메뉴 바로가기

  • home
  • 紹介
  • 忠南の昨日
화면컨트롤메뉴
인쇄
화면확대
화면축소

忠南の昨日

TabMenu SubList

起源
歴史
百済王国の文化

起源

忠清南道(忠南)は朝鮮半島の中心部にあり、北側は京畿道、東側は大田広域市と忠淸北道 そとて世宗特別自治市、南側は全羅北道と接しています。忠南は西側が西海に面しておりその中心に大田があります。

  公州市長岐面石壮里の旧石器遺跡(1964年発見)や、この地方の至る所にある青銅器遺跡を見ると、忠清南道の人々は先史時代以降にここに集まって住んでいたものと見られます。なお原三国時代に政治的先導国だった月支国が、一時天安の稷山面にあった馬韓の中心地域にありました。54に達していた馬韓の小国のうち15の国が忠南地域にありました。忠南は三国時代に百済の領土でした。漢城が高句麗の領土になり、首都を漢城(今のソウル)から熊津(今の公州)に遷都した西暦475年から、百済王国が新羅・唐連合軍によって征服された西暦660年までの185年間、華麗な百済文化は忠南でその花を咲かせました。

  忠南は統一新羅時代には「熊津都督府、所夫里州(泗沘)、熊川州、熊州」などと呼ばれていました。忠南は後三国時代に後百済の領土に編入されました。

  高麗時代は河南道、楊廣道、忠淸州道、忠淸道などと呼ばれ、ある時は京畿道と統合されたり、分離されたりもしました。

  朝鮮時代の1397年(太祖4年)には、楊廣道が忠淸道と京畿道に分離され、1598年(宣祖31年)には監營を忠州から公州へと移しました。それ以降、公淸道、忠淸道、公洪道、忠洪道及び公忠道とも呼ばれましたが、1834年(純祖34年)に再び公淸道から忠淸道に改名しました。1896年(高宗33年)、皇帝勅命第36条により全国を13の地方に再編した後は、最終的に現在の名称である忠清南道という名前で呼ばれるようになりました。 になりました。